キャッシングでお金を借りるまでの流れ

キャッシングでお金を借りるまでの流れにはいくつかあります。
インターネットの場合は、まず特定の業者のサイトにアクセスします。
そこで、「申し込む」等の場所をクリックすると、申込書が表示されます。
申込書には、ご自身の氏名、住所、電話番号、生年月日や現住所の情報(居住期間、賃貸or持ち家、等)、家族構成(既婚or未婚、同居or別居、子供の有無、等)、の個人情報を記入します。その後に勤務先情報(会社名、住所、電話番号、資本金、従業員数、上場の有無、等)を記入します。最後にご自身の年収や現在の借り入れ金額、借り入れ会社数、希望借り入れ上限額等を記入して送信します。
連絡先の希望(携帯電話or自宅または勤務先固定電話)を記載できるので、家族等に内緒でキャッシングをしたい場合でも安心です。また希望時間帯を記載できる場合もあります。
インターネットでの申し込み後、数日で業者から連絡があります。そこで仮審査の結果や必要書類の提出を依頼されます。依頼された書類が受理されればカードの発行や銀行振り込みでお金を借りることができます。

 

店頭の無人機等で行う場合も基本的には同じ流れですが、店頭で行うほうがスピーディーです。
上記、個人情報、勤務先情報、希望借り入れ限度額等を端末に入力すると、オペレーターから無人機内の電話に連絡が入ってきます。そこで審査結果や必要書類を提示することで、その場でキャッシングを行えます。テレビのCMにあるようにお昼休み程度の時間で完了します。
必要な書類をあらかじめインターネット等で確認しておくと間違いありません。一般的には運転免許証や保険証等の公式な身分証明書と源泉徴収や直近2〜3ヶ月分の給与明細書があればOKですが、印鑑が必要な場合もあります。

 

現在、使用しているクレジットカードにキャッシング機能をつけるにはインターネットでの申し込みが中心となります。クレジットカードのオンライン登録をする必要がありますが、オンライン上のマイページから申し込む流れになります。

 

上記の様々な方法でカードを作成したら、後は銀行やコンビニで現金を借り入れることができます。借り入れ方法は銀行口座からお金を引き出すやり方とほぼ同じです。

 

ただし、ここで紹介した流れは給与所得のある、いわゆるサラリーマンがお金を借りるまでの流れです。クレジットカードにキャッシング機能をつける場合を除いては、給与所得のない主婦の方には当てはまらない場合もあるかもしれません。


PVランキング 神奈川の新車・中古車はスーパーディーラーKATOへ 中古パソコン ドル箱 相互リンクSeo-P-link Ver3.4 ホームページ制作 エアロポステール.com 不動産